神奈川の横須賀・三浦地区の医師求人の特徴―医師と住民の関わり

地域に密着した病院が多く患者との距離が近い


画像引用元サイト:https://travel.biglobe.ne.jp/onsen/area/1409_1.html

神奈川県の二次医療圏の一つである「横須賀・三浦」エリア。
ここは面積が200㎢を超え、人口は70万人を超えており、決して小さなエリアではありません。
ただ、医師の数は顕著に不足しており、この点はこのエリアの大きな課題の一つとなっています。

二次医療圏とは

二次医療圏とは、地域で必要とされる医療サービスを適切に提供するために都道府県が設定した区域である「医療圏」のうち、「一次医療圏」と「三次医療圏」の中間に位置する単位のことです。
二次医療圏は疾病の予防から入院治療まで(特殊な医療を除く)、地域住民の医療ニーズをカバーする区域を指します。
複数の市町村をまとめて1単位とし、「○○医療圏」と表現する場合は、一般的に二次医療圏を指すことが多いです。

引用:【エピロギ】- 医師転職ドットコム(https://epilogi.dr-10.com/dictionary/ct05/978/)


こうした問題を抱える横須賀・三浦地区ではありますが、さらにここは神奈川県の二次医療圏の中でもとりわけ高齢化が深刻な地域でもあります。

このような特徴から、地域に密着した医療機関が非常に多くなっている点は、他の医療圏とは少々異なるところでしょう。
外の医療圏、他の都市からわざわざ横須賀・三浦地区の医療機関へと足を運ぶ患者は多くはありません。
これも地域密着の病院が多いからこそ。

そのため、患者との距離は非常に近いとも言えます。
今後は高齢化が進むにつれて在宅医療が拡充されると共に、予防医療にも同様のことが言え、医療機関側や医師と患者との距離は、さらに縮んでいくと予想されます。

住民との深い関わりの中でやりがいを見つけたいならおすすめ

医師が感じるやりがいが何によって引き起こされるのか、これには個人差があるでしょう。
高度な技術や知識を最新の医療設備のある病院等で学ぶこと、これに大きな意味ややりがいを見出す医師もいるはずです。
一方で、地域に住む人たちと密接な関わりを持ち、まさにかかりつけ医としての役割を果たすことに意義を見出す医師もいるのではないでしょうか。

もし後者のような考え方や価値観を持っているのであれば、神奈川県の中でも横須賀・三浦地区に絞って就職先や転職先を見つけてみてもいいのかもしれません。
その理由は述べたように、ここが高齢者やファミリー層の割合が多い地域であり、そうした人たちへ医療を提供する病院や診療所の多いエリアだからです。

また、そのような意識を強く持つ医師を、このエリアの各医療施設が求めていることもその理由です。
病床数が100以下の小規模な病院や外来及び在宅医療を行う診療所も少なくありません。
病床数100から200程度の中規模な病院の求人も非常に多く、ここからも地域密着が進んでいることがうかがえます。

患者や住民との関係性が深くなることで、最新医療を提供する施設とは異なった医師像を追いかけることができるはず。
そこに価値を感じるのであれば、ここは非常に魅力的なエリアとなるのではないでしょうか。

このページの要点まとめ

①横須賀・三浦エリアは高齢化が深刻で、ファミリー層の割合も多い地域。

②地域に密着した医療機関が多く、今後も更なる高齢化に伴い患者と医師の距離が非常に近い医療が求められていく。

③相模原地区は働く医師にとっても働きやすい環境が整っていてワーク・ライフ・バランスに優れている。

④最新医療を提供する施設での勤務より、地域に住む人たちと密接な関わりを持つ医療にやりがいを感じる医師におすすめのエリア。