神奈川で療養型病院が多い地区―相模原地区の医師求人の特徴

精神科、療養型の病院が多い


画像引用元サイト:https://www.posting-yokohamaarea.com/sagamiharashi-midoriku.html

神奈川県の医療圏の一つに「相模原」地区がありますが、こちらは横浜や川崎地区ほどではないものの、しかし、非常に医療体制の充実したエリアとして知られています。
人口10万人あたりの医師数も全国平均と同じ程度あり、これは川崎南部とも変わらない医師数となっていますし、病院数に関しても35施設と、決して少なくはありません。

相模原市の医療機関の特徴の一つに、精神科や療養型の病院・診療所が多数存在していることが挙げられます。

精神科系に関して言えば、この分野の診療所だけでも30ほどが存在。
一方の療養型ですが、こちらは特に介護療養型の医療施設が非常に多く、その数は横浜圏域と同じ程度であり、且つ川崎圏域の倍ほどと、非常に充実しているのです。

一般診療所の数は多くはなく、ここには課題もあります。
しかしその分、精神科や療養型の医療施設が多いということは、それだけ自然に囲まれ、人が生活する上で、あるいは治療を受ける上でとても良い環境が整っていると言えそうです。
こうした点も相模原地区の特徴として覚えておくと、求人を探す際の参考になるかもしれません。

求人もリハビリ科、内科、精神科などが多い

相模原地区の医療施設の特徴として、精神科や介護療養型の病院及びクリニックが多い点が挙げられますが、となると当然これらの分野の求人も多くなってくる傾向が見られます。

特に需要が高いのは、リハビリ科や内科、精神科などです。
内科の医師数は10万人あたりの人口比で見たときには全国平均を大きく下回っており、常に求人が出ている状態です。
リハビリ科は人気も高いため求人が出てもすぐに埋まることも多いですが、しかしすぐにまた新たな同科の求人が出てくるため、よほどタイミングが悪くない限りは見つけることができるでしょう。

精神科関連の医療施設の数が多いことから、この分野の求人も後を絶ちません。
また、特に精神科の求人は環境をアピールするものが多く、この点はやはり相模原市の特徴の一つと言えそうです。
緑に囲まれながら仕事ができる、環境が良い、ゆったりと仕事ができるなど、求人にこうした内容が多く記載されているのは、このエリアの精神科の求人の特徴であり、医師も意識すべき点となるのではないでしょうか。

精神科などの医師で高収入を求めるならおすすめ

地域の特性を考えれば、確かに横浜市や川崎市のような大都市よりも利便性は劣るのかもしれません。
大規模病院も少なく、診療所もわずかしかないことは確か。

しかしそれだけに、少々ゆったりとした時間が流れていることも間違いではないでしょう。
もし精神科やリハビリテーション科、療養型の医療施設で働くことを望んでいるのであれば、相模原地区は非常におすすめのエリアとなります。

また、高収入や収入アップを目的に就職・転職する医師にもこの地域で求人を探す価値があるはずです。
精神科などに絞ってみれば、働きやすい環境が整っており、勤務時間等も余裕のある施設が多く、プライベートも犠牲にする必要がありません。
それでいて高い年収が約束されていれば、検討する意味が出てくるでしょう。
ワーク・ライフ・バランスを意識する医師には、非常に有意義な選択肢となるのではないでしょうか。

このページの要点まとめ

①相模原地区は医療体制の充実したエリアで精神科や療養型の病院・診療所が多数存在。特にリハビリ科や内科、精神科の需要が高い。

②一般診療の数は多くないが、自然に囲まれており、心の治療をする上でとても良い環境が整っている。

③相模原地区は働く医師にとっても働きやすい環境が整っていてワーク・ライフ・バランスに優れている。