神奈川の医師求人が集中する地区―横浜・川崎地区の医師求人の特徴

県内の救命救急センターの多くが横浜・川崎に集中

重度の患者の対応にあたることが可能な設備が整えられた救命救急センターは全国各地に存在していますが、神奈川県は他県と比べても、この救命救急センターを非常に多く抱えています。
それだけ医療への取り組みが充実していると言えるものの、しかし、医師数や医療施設等と同じで、これにも地域差があるのです。

神奈川県内には20以上の救命救急センターがありますが、このうちの半分以上が横浜市と川崎市に集中しています。
人口も多いのでこれは当然の形とも言えなくはありません。
ただ、そうした現実があることを認識した上で、求人を探す必要が出てくるでしょう。

特に厳しい現場や、他の医療機関では接することが不可能な症例に対処する能力を身に付けたいと望んでいる医師にとって、この救命救急センターは一つの重要な選択肢となるはずです。
横浜や川崎以外にも存在はしていますが、アプローチするエリアはやはり両地域が中心とならざるを得ません。
裏を返せば、これらの地区であれば、こうした高度な医療環境で働くことができる可能性が増えるということでもあります。

求人数・種類は多いが人気も高い

神奈川県全体では、病院の数が340を超え、一般診療所の数も6,000を優に超えています。
医療施設そのものがとても多いのですが、横浜地域には病院の数が130ほどあり、一般診療所の数も3,000近くと、多くの割合が集中している状況にあるのです。
川崎地域の病院数は40を超え、一般診療所数は900ほどと、横浜地域ほどではないものの、やはり他のエリアよりもその数は多く、この2つのエリアが半分からそれ以上の医療施設を抱えている状態です。

当然、これら2つのエリアの求人数の多さは他の地域と比べ物になりません。
クリニック等も含め医師求人の種類も多く、選択肢という意味ではかなり幅が広くなっています。
医師にとって選べる対象が多いことは決してデメリットとはならないでしょう。

一方で、これらの地域はやはり人気も高く、競争率も激しい状況があります。
特に条件や待遇、環境の良い医療機関へは、そう簡単に就職・転職することはできません。
この現実を認識しつつ横浜や川崎エリアでの求人探しを意識する、あるいは行う必要が出てきそうです。

スキルアップを目指したい医師におすすめ

説明してきたように、高度な医療体制の整った病院が多く、クリニックであっても先進的な診療を取り入れているところの多い横浜・川崎両エリア。
こうした医師求人の特徴を考えれば、スキルアップを目指したいと考える医師にとって、これほど有益な地域はそうそうないのではないでしょうか。
競争倍率も非常に高いものの、自らのキャリアをより良いものにしたいと強く思うのであれば、チャレンジしてみる価値はあります。

もちろん、そのための準備や正しい就職・転職活動も行わなければいけません。
丁寧な活動を心がけなければ、横浜や川崎地区の求人へと応募しても残念な結果で終わる可能性が高いことは頭に入れておきましょう。

このページの要点まとめ

①全国に数多くの救命救急センターが存在するが、神奈川は特に救命救急センターの数が多い。

②さらに神奈川の救命救急センターの中でも半分以上が横浜と川崎に集中している。

③横浜と川崎は医師の求人数が多く、医療体制が整った病院など選択肢が多いのでスキルアップを目指す医師におすすめ。

④選択肢が多い分、人気も高く競争率も高い為その点には注意が必要