神奈川で医師求人を探すなら地域に着目するべきである3つの理由

勤務地は軽視されがちだが重要な事項

地域に着目するべき理由①

年収額、設備や環境、ともに働くことになるであろう医師の経歴や実績、勤務体制、勤務時間、症例、任される業務内容、福利厚生…。

医師が新たな職場を探す際に注目し、選択に影響を与えるであろう要素を挙げれば、おそらくこれらにが出てくるのではないでしょうか。
どれも重要な要素ではありますが、この中に是非“勤務地”を入れておきましょう。

勤務地は、就職・転職希望者からは軽視されがちな要素なのかもしれません。
少なくとも真っ先に頭に浮かんでくることや、最優先にこの要素を掲げる人は少数のはず。
しかし”どこで働くか”、もっと言えば”どのエリアで働くのか”は、医師にとって実は非常に重要なポイントとなってきます。

その選択が、必ずキャリアに大きな影響を与えることになるためです。
自らを置く環境によってキャリアが変わってくるのは当然のこと。
この意識が低ければ、自らの描いた未来を大きく下回るキャリアしか築けないと思っておかなければいけません。

横浜・川崎とその他で医師の不足状況などに差がある

地域に着目するべき理由②

神奈川県内で都市部といえば、横浜市と川崎市です。
東京にも匹敵するほどの賑やかさを持ち、近年は居住地としても注目を集め、特に横浜は東京よりも住みたいと考える人が徐々に増えてきています。
当然ながら、横浜や川崎は医療機関もその他のエリアと比べれば非常に多い状況となっています。

医師の数、特に不足及び充足状況などを見ても、横浜や川崎とその他の地域では差があることがわかります。

例えば、医療施設に従事している医師数では、人口10万人あたりの医師数の全国平均が230人ほどのところ、横浜南部ではこの数字が280人を超えており、非常に多くの医師がこのエリアの医療施設に従事。
川崎南部も230人を超えており、全国平均と同程度の医師が働いています。

他の医療圏、例えば県央では、人口10万人あたりの医師数が130人ほど、湘南東部や県西は160人台と、横浜南部や川崎南部と比較すれば極度に医師が不足しているのです。

この差をどう捉え、就職・転職活動にどう反映させていくのかは人それぞれですが、神奈川県内でもこうした医師の偏在があることを認識すれば、地域に着目しながら医師求人を探す必要や理由が見えてくるのではないでしょうか。

自分の目的と合う地域を探せば求人選びがスムーズ

地域に着目するべき理由③

神奈川県内の医師の偏在の話ともリンクしてきますが、自分の目的やキャリアプランにマッチした地域はどこかをあらかじめ考えながら就職・転職先を探すと、求人選びがスムーズになります。
これも、医師が地域に着目しながら勤務先を探すべき理由の1つです。

例えば、医師の数が不足している地域の医療施設へと入職することで、重要な仕事を任される機会が多くなり、より早く技術を身に付けられる可能性が生まれます。
医師の数が充足している地域の医療施設は設備が充実し、有名な医師や多くの症例とも触れ合える機会が多いと考えられるため、知識を吸収するという点ではメリットが大きいでしょう。

このように、得たいものや目指す医師像を考えれば勤務地の選択へと意識が向き、求人の選別もしやすくなるはず。
勤務先選びの失敗を防ぐには勤務地や地域が重要である、という意識を持ちつつ求人と向き合っていくことをお勧めします。